株式会社鈴鹿グループ採用情報ページ

先輩社員インタビュー

株式会社鈴鹿で働くということOUR PHILOSOPHY

穂坂 健治

色々な形で会社を支えていく

穂坂 建治Kenji Hosaka
技術管理部技術第1課課長補佐
平成28年3月21日入社
  • 株式会社鈴鹿に就職を決めた理由
    前職では設立80年ほどになるサブコン的位置付けの会社で働いており安定という面では保証されていましたが、仕事量や仕事体系などで負担も多く仕事に面白味を感じることが出来ませんでした。そんな時、この会社を知りスピード成長をしている様子から、自分がどういう活躍ができるのか興味を持ち転職を決めました。
  • 自分の感じる会社の雰囲気は?
    入社前は、業務成績もよく勢いのある会社というイメージがあり、そのイメージは入社後の今でも変わりません。ただ、正直なところをお話しすると、会社の組織としては成長過程真只中であり「まだまだこれから」のところがあります。組織の編成や社内システム、管理や共有化など構築途中なところもあり、こうした課題にも今後は積極的に関わりながら少しでも会社を良くしていきたいと思っています。
  • 仕事にやりがいを感じますか?
    入社して半年以上になり、部内、課内での色々な課題が見えてきました。現在は電気施工管理の仕事と並行して、どうしたら様々な課題を解決して良くしていけるのかを上司や先輩たちと一緒に考えながら働いています。施工管理者としての仕事はこれまでに培った経験のおかげで、たとえ抱える案件が多くなってもこなす事はできますが、会社組織のこうした課題には「人」が関わってくるため、時間も労力も必要で難しいものです。ただその分、やりがいも大いに感じます。自分で考え明確な目的が見えているからこそ、目の前の課題に立ち向かう事を苦に感じたことはありませんね。
  • これからの目標を教えてください
    まだまだこれからの会社だからこそ、まずは自分が働く技術第1課の上司や先輩方の手助けをしていくことで彼らの業務が楽になり、次は課から部へと、そして最終的には会社全体が良くなっていくと思います。転職する際に臨んでいた会社の組織作りに関わることが実現できており、時が経つにつれて充実感はアップし今では満足度80%以上になっています。今後は先輩や同僚たちとの横の繋がりをはじめ、上司や役員など縦の繋がりも大切にし、色々な形で会社を支えていくことが目下の目標です。
  • 最後にこれから入社される新しい仲間に一言!
    入社後感じていたことは、コミュニケーションの取りやすい環境だなぁということでした。先ほどの満足度の話にも繋がりますが、満足度がアップしていった背景には、やはりコミュニケーションが色々な社員と沢山取れてきたことが大きいです。入社後少しでも環境に慣れるためにも、多くの社員と触れあってコミュニケーションを沢山取ってください。実際、社員の人たちは優しいですよ。

インタビュー一覧へ戻る