株式会社鈴鹿グループ採用情報ページ

仕事紹介

部署紹介DEPARTMENT

  • 電気施工管理(技術第一課)

    電気施工管理(技術第一課)

    新築件名物件及び既設増築・大規模改修工事の施工管理業務を主として行っており、産業用太陽光の設計施工も行っている部署です。
    官公庁及び元請物件は客先と、建築受注物件はゼネコン・サブコンを相手に打合せを行い、工事着手から完成引渡しまで責任を持って工事施工管理を行っております。

  • 保守メンテ・リニューアル工事(技術第二課)

    保守メンテ・リニューアル工事(技術第二課)

    電気設備のメンテナンス工事を主軸とし、弱電設備工事・仮設電気設備工事も行っております。
    官庁・ゼネコン・サブコン工事は改修工事等の高圧・低圧における電気設備工事がメインとなり、工場のメンテナンス工事は顧客をトータルでサポートする立場が多く、電気設備工事を中心に、機械設備工事、消防設備工事・水質工事等の幅広い分野で対応しております。

  • 空調・給排水工事(技術第三課)

    空調・給排水工事(技術第三課)

    技術管理部の中で衛生設備工事、空調設備工事を行っております。
    積算から施工管理まで部署の全ての社員が対応でき、プラント・箱物・水道本管工事・メンテ現場と経験豊富な社員がいる為、様々な物件に対応出来るのが強みです。
    各々が施工図を作成し現場管理を行う為、迅速な対応を早くすることが出来ます。

  • 特高管理課

    特高管理課

    特別高圧の太陽光発電設備の電気主任技術者業務を行う課です。
    業務内容は、設計段階からかかわり、太陽光電気設備が安全に運転できるようにチェックや指導をします。工事期間中も適切な電気工事が行われているか確認し、発電設備の運転が始まってからは、異常なく発電しているか定期的に点検します。また、年に一度、発電設備を停止して精密に検査する必要があるので、その検査も行います。

  • 電気保安管理(SCEO有限会社)

    電気保安管理(SCEO有限会社)

    電気設備保安管理業務・太陽光発電設備メンテナンス業務・各種試験業務などを主に行っている組織です。
    保安管理の業務は有資格であることに加え、実務を積んだ経験者でないと法的に認めてもらえない許可制の業務となります。この電気主任技術者の外部委託制度に対応する電気管理技術者は経済産業省内で厳しい審査を経て登録されることから始まります。

  • 電気通信工事

    電気通信工事

    近年通信の主流である光ケーブルや同軸ケーブルの設計施工業務をしております。発注者様の仕様に合わせた申請業務からケーブル架設、そして接続や運用前試験。完工図書作成まで等幅広く対応しております。また、各地域にあるケーブルテレビ局のトータルサポート(保守)業務もしており、各種申請や電柱側(1次側)設備メンテナンスをはじめケーブルテレビ加入者様の宅内工事(2次側配線接続)全般と幅広く対応しております。